top of page

梨と桃と柿

梨、な、は奈(なつく、身体に優しく水分が多い)、し、は清(この場合、実が白い、味が爽やか)。



①毛毛。果皮の毛羽立ちが特徴です。


②母母。お尻の形をしていて、果肉は母体の肌のように白く、種は赤ちゃんのように真っ赤っか。まるで、お産のようです。赤い種は胎児、白い果肉はお母さんというわけです。だいたいお尻から赤ちゃんは生まれてきます。


「マ行の音である、マ、ミ、ム、メ、モは、声を鼻に響かせながら穏やかに唇を開くことで発せられ、この音の出し方が独特の優しい雰囲気を醸します。特に「モ」は、閉じていた唇を縦に開いて母音の「オ」を発音するのに時間がかかるので、その優しさ、柔らかさが際立ちます。」(高橋こうじ「心が豊かになる日本の美しい言葉の由来」)


ちなみに、柿は、火木でしょう。炎のような果実をたくさん実らせる樹木。


「ここに佩(は)かせる十拳(とつか)劔を抜きて、後手(しりへで)に振きつつ逃げ来るを、なほ追ひて、黄泉比良坂(よもつひらさか)の坂本に致りし時、その坂本にある桃子(もものみ)三箇(みっつ)を取りて、待ち撃てば、悉(ことごと)に逃げ返へりき。」「高野憲司校注「古事記」」


「結局大谷氏の家で感心したものは、鼓よりも古文書よりも、ずくし(ずくしはけだし熟柿であらう)であった。津村も私も、歯ぐきから腸の底へ沁み徹る冷たさを喜びつゝ甘い粘っこい柿の實を貪ぶるやうに二つまで食べた。私は自分の口腔に吉野の秋を一杯に頬張った。」(谷崎潤一郎「吉野葛」)


祖母「柿は腐りかけがうまいんじゃ」






淡路島の伊弉諾神宮の桃の土鈴です。




最新記事

すべて表示

肘と膝

肘、比、持(清(し)の強調)。 膝、比、座(佐の強調)。 柏手を打つことがそもそもです。 物を持ち上げたり、降ろしたり、道具を扱ったり、金づち打ったり、包丁で食材を切ったり、肘さんは頑張ります。 正座をすることがそもそもです。 椅子に座ったり、歩いたり、ジャンプしたり、泳いだり、スキューバしたり、膝さんは頑張ります。

願うと叶う

願う、ね、は根、が、は賀、う、は生。 自分の祈り(賀の強調で、今ない状態)を様々な神様仏様に(根)伝える(生)ことです。 叶う、か、は賀、な、は奈、う、は生。 願ったこと(賀)が実現する(奈、この場合は「なつく」)ことです。

石と川

石、い、は井、し、は清。流れる水(井)により丸くなっていきます。 川、か、は賀、は、は波。この場合の賀は水、清らかな水が流れて来ます(波)。 人体の約70パーセントが水です。「水は天界と地界を結ぶ物質」と呼ぶ人もいれば、「波動を伝えるためのもの」と解釈する人もいます。

bottom of page