top of page

石川(加賀)と滋賀(近江)

石は川に洗われて丸くなっていきます。たぶん、ですが能登半島を含む縦型の地形から「川」が付いていると思います。


加賀の賀は、豊富に採掘できた金のことだと思います。また、加賀百万石とも言われました。


「※「石高」は、所有している土地での米の生産量を表したものです。


徳川幕府は、800万石と圧倒的な大きさで、次に大きかったのが、102万石の加賀藩です。


3位以下は、75万石にも満たないことを見ると、加賀藩は全国の藩の中でも飛び抜けて、石高が高かったことが分かります。


幕府と藩の石高ランキング

1位 徳川幕府 800万石

2位 加賀藩 102万石

3位 薩摩藩 72万

4位 仙台藩 62万石

5位 尾張藩 61万石

6位 紀伊藩 55万石

7位 熊本藩 54万石」(はじめての兼六)


「金沢箔(かなざわはく)は石川県金沢市周辺で作られている金箔です。


金沢箔は日光東照宮など日本の歴史的な建造物に数多く用いられ、金沢の伝統的な工芸品である漆工芸や仏壇仏具、さらに織物や九谷焼などさまざまな分野で美しく輝いています。また、現在ではインテリア用品やファッション関連などに広く利用されるようになり生活に輝きを添えています。」(KOUGEI JAPAN)


滋賀。し、は清、か、はそのまま賀。近畿の水庫である琵琶湖のことです。


近江(おうみ)、は当て字で都であった京都から近く、み、は琵琶湖のことです。



琵琶湖の湖畔の白鬚神社です。



最新記事

すべて表示

肘と膝

肘、比、持(清(し)の強調)。 膝、比、座(佐の強調)。 柏手を打つことがそもそもです。 物を持ち上げたり、降ろしたり、道具を扱ったり、金づち打ったり、包丁で食材を切ったり、肘さんは頑張ります。 正座をすることがそもそもです。 椅子に座ったり、歩いたり、ジャンプしたり、泳いだり、スキューバしたり、膝さんは頑張ります。

願うと叶う

願う、ね、は根、が、は賀、う、は生。 自分の祈り(賀の強調で、今ない状態)を様々な神様仏様に(根)伝える(生)ことです。 叶う、か、は賀、な、は奈、う、は生。 願ったこと(賀)が実現する(奈、この場合は「なつく」)ことです。

石と川

石、い、は井、し、は清。流れる水(井)により丸くなっていきます。 川、か、は賀、は、は波。この場合の賀は水、清らかな水が流れて来ます(波)。 人体の約70パーセントが水です。「水は天界と地界を結ぶ物質」と呼ぶ人もいれば、「波動を伝えるためのもの」と解釈する人もいます。

bottom of page