top of page

粘るとネバネバ



粘る、ね、は根、ば、は波の強調。


地に足を付け(根)まくる(波)ことです。


ネバネバ、ネは根、バは波の強調。


じっとりくっついて(根)なかなか離れない(波)様です。


日本には様々なネバネバ系の食材があります。納豆、おくら、めかぶ、長芋、なめこ、など。


たまに人に「好きな料理はなんですか?」と聞くと何種も答えが返ってきます。で、「今までで一番美味しかった料理はなんですか?」と聞くと答えが返ってこないです。


僕の場合は、東日本大震災の2年後、南三陸にヴォランティアに電車とバスとお迎えのワゴンに乗り継ぎ、5月の晴れ渡る海の上の船に乗らせてもらって、めかぶを収穫して、夕方、そのめかぶをおばあたちにさばいてもらって、つばめが飛び交う納屋の中で、めかぶをしゃぶしゃぶした。そのめかぶのしゃぶしゃぶが一番美味しかった料理です。


こういうネタを1つ持っておくと良いと思います。


ネタは種を逆読みしました。種、た、は多、ね、は根。1粒の種から同じ種(しゅ)が繁殖します。

最新記事

すべて表示

肘と膝

肘、比、持(清(し)の強調)。 膝、比、座(佐の強調)。 柏手を打つことがそもそもです。 物を持ち上げたり、降ろしたり、道具を扱ったり、金づち打ったり、包丁で食材を切ったり、肘さんは頑張ります。 正座をすることがそもそもです。 椅子に座ったり、歩いたり、ジャンプしたり、泳いだり、スキューバしたり、膝さんは頑張ります。

願うと叶う

願う、ね、は根、が、は賀、う、は生。 自分の祈り(賀の強調で、今ない状態)を様々な神様仏様に(根)伝える(生)ことです。 叶う、か、は賀、な、は奈、う、は生。 願ったこと(賀)が実現する(奈、この場合は「なつく」)ことです。

石と川

石、い、は井、し、は清。流れる水(井)により丸くなっていきます。 川、か、は賀、は、は波。この場合の賀は水、清らかな水が流れて来ます(波)。 人体の約70パーセントが水です。「水は天界と地界を結ぶ物質」と呼ぶ人もいれば、「波動を伝えるためのもの」と解釈する人もいます。

bottom of page