top of page

花と離れる、和歌と別れる

花、は、は波、な、は奈。蕾から大きく(奈)なっていく様(波)。奈は「懐く」という意味合いもあり、人の目を楽しませてくれます。華とも書きます。


離れる、れ、は「極まって」。花びらが1枚1枚ゆっくりと少しずつ散ってゆくイメージです。


和歌、わ、は和、か、は賀(歌)。哀愁漂う歌もありますが、それでも、音律に載せた言葉の波は「賀(めでたい)」ことでしょう。57577で纏められた和歌。この場合の和は「纏める・一緒になる」と解釈してよいでしょう。


別れる、れ、は「極まって」。美しい均衡が砕ける、それまで良かったベクトルがポキッと一瞬にして折れるイメージです。


最新記事

すべて表示

チランジア(エアープランツ)とウスネデイオス

チランジア、ち、は血、ら、は良、ん、は強調、じ、は刺の強調、あ、は吾。 根ではなく葉より(良の強調)栄養素を(血)を吸収し、多くは刺(刺の強調)の植物種です。 ウスネデイオス、う、は生、す、は素、ね、は根、で、は手の強調、お、は生、い、は為、お、は生、す、は素。 細い(生と素)根から拡がり(手の強調)更にまた細い根(生と素)を作る(為)エアープランツの1種。

ヨージク(ロシア語でハリネズミ)とマトリューシカ(ロシアの人形)

ヨージク、よ、は与、じ、は刺の強調、く、は久。 固い(久)針(刺の強調)をもって身を守る(与)動物です。 マトリューシカ、ま、は間、と、は渡、りゅ、は流、し、は清、か、は賀。 可愛らしい(清)人形(賀)が同じ所(間)で何度も(渡)出てくる(流)ロシア民芸のお人形さんです。

備え(へ)とお供え(へ)

ともに、そ、は素、な、は奈、へ、は辺。 備え、は自分たち(素)の身の回りが無事なように(奈)色んな方面に手配(辺)することです。 お供え、は飲み物・お料理(素)を(遠くにいる)神様仏様など(奈)に捧げる(辺)ことです。

Commentaires


bottom of page