top of page

近い(ひ)と誓い(ひ)と契る

近い、ち、は地、か、は賀、ひ、は比。


自分(比)に程よい(賀)ところ(地)です。


誓い、ち、は血、か、は賀、ひ、は比。


血(男)と血(女)がめでたく(賀)結びつくこと(比)です。


結婚をすることで、血縁関係を結ぶこと(めでたしめでたし)。


誓うことで、近くになります。


「近こうよれ」はお殿様の性的な常套句です。


契る、ち、は血(身体的エネルギー)、き、は気(精神的エネルギー)の強調、る、は流。


お互いに心(気)身(血)ともに結びあわせます(流)。


「契る」が魂レベルで固く誓い合うことに対して、異口同音の「千切る」は物質レベルで粉々にすることですから、気(エネルギー)の濁音により、反転の現象として出ています。


誓うと違う


同様に、か(賀・めでたし)のエネルギーが、正方向に行く(清音)となると「誓う」、反対方向(濁音)反転すると「違う」となります。



最新記事

すべて表示

チランジア(エアープランツ)とウスネデイオス

チランジア、ち、は血、ら、は良、ん、は強調、じ、は刺の強調、あ、は吾。 根ではなく葉より(良の強調)栄養素を(血)を吸収し、多くは刺(刺の強調)の植物種です。 ウスネデイオス、う、は生、す、は素、ね、は根、で、は手の強調、お、は生、い、は為、お、は生、す、は素。 細い(生と素)根から拡がり(手の強調)更にまた細い根(生と素)を作る(為)エアープランツの1種。

ヨージク(ロシア語でハリネズミ)とマトリューシカ(ロシアの人形)

ヨージク、よ、は与、じ、は刺の強調、く、は久。 固い(久)針(刺の強調)をもって身を守る(与)動物です。 マトリューシカ、ま、は間、と、は渡、りゅ、は流、し、は清、か、は賀。 可愛らしい(清)人形(賀)が同じ所(間)で何度も(渡)出てくる(流)ロシア民芸のお人形さんです。

備え(へ)とお供え(へ)

ともに、そ、は素、な、は奈、へ、は辺。 備え、は自分たち(素)の身の回りが無事なように(奈)色んな方面に手配(辺)することです。 お供え、は飲み物・お料理(素)を(遠くにいる)神様仏様など(奈)に捧げる(辺)ことです。

Comments


bottom of page