top of page

賀(めでたい)

賀佐利(飾り)


あたりに華やぎを添える。


日賀利(光)


太陽が地上を照らします。「もっと光を」ドイツの詩人ゲーテの最後の言葉とされてます。


多賀良(宝)


多ければ多いほうが良いものです。子宝。家宝。金銀財宝。国宝。重宝。


賀巳(神・髪・紙)


ギリシャ神話のメデューサの髪は蛇(巳)です。特に女性にとって髪は神聖なものです。インターネット以前は紙文化でした。今はサステナビリティによりペーパーレスを推奨されています。和紙。コピー用紙。


賀良(殻)


中の生き物を外敵から守り、また蝉のように抜け出すこともあります。


賀多血(形)


何かしら視覚的に認識できるものです。抽象的にも用いられ、「形になる」と言います。


賀多い(固い)


しっかりとしている様。


賀ん(感・勘)


感が働く、勘ぐる、など、頭の中でも冴えてるところです。


賀似(蟹)


茹でると目出度い色の赤になります。


賀ける(掛ける→算数の×、架ける、懸ける)


賀瀬(風、瀬の強調)


え列の瀬は伸びゆくイメージがあります。風の便り。


賀へる(帰る、へは辺、遠いの語感)


元(有り難い場所)に戻る。


亀(賀目)


古代中国・日本の占い道具として用いました。亀甲の六角形も目出度い形状です。


霞(賀素水)


日の出や日没に雲が美しくいろどられること。朝霞、晩霞。


春、野山にただようもや。


雲霞、煙霞。


最新記事

すべて表示

チランジア(エアープランツ)とウスネデイオス

チランジア、ち、は血、ら、は良、ん、は強調、じ、は刺の強調、あ、は吾。 根ではなく葉より(良の強調)栄養素を(血)を吸収し、多くは刺(刺の強調)の植物種です。 ウスネデイオス、う、は生、す、は素、ね、は根、で、は手の強調、お、は生、い、は為、お、は生、す、は素。 細い(生と素)根から拡がり(手の強調)更にまた細い根(生と素)を作る(為)エアープランツの1種。

ヨージク(ロシア語でハリネズミ)とマトリューシカ(ロシアの人形)

ヨージク、よ、は与、じ、は刺の強調、く、は久。 固い(久)針(刺の強調)をもって身を守る(与)動物です。 マトリューシカ、ま、は間、と、は渡、りゅ、は流、し、は清、か、は賀。 可愛らしい(清)人形(賀)が同じ所(間)で何度も(渡)出てくる(流)ロシア民芸のお人形さんです。

備え(へ)とお供え(へ)

ともに、そ、は素、な、は奈、へ、は辺。 備え、は自分たち(素)の身の回りが無事なように(奈)色んな方面に手配(辺)することです。 お供え、は飲み物・お料理(素)を(遠くにいる)神様仏様など(奈)に捧げる(辺)ことです。

Comentários


bottom of page